北本の新しい楽しみ方

子供が遊びを発明するように
懐かしくて新しい未来を作る
たまに夜遊びしないと分からない
楽しみもたくさんある

見えているのに見えないもの
その中に隠れているもの を
探して遊ぶ

previous arrow
next arrow
Slider

お知らせ

まちと食卓 第1回 “&D Recipes”

食卓を囲みながら、友人の『旅』の話を聞く ...
続きを読む

きたもとで古来種野菜を探す

詳細お申し込みはこちらから(北本市観光協 ...
続きを読む

店とかまちとか 第1回

■ご予約はこちらから※2020年11月1 ...
続きを読む

マーケットの学校 開催

▼詳細はこちらhttps://local ...
続きを読む

8月のケルン

喫茶 カリソメ GOHAN-MAYU ...
続きを読む

6月のケルン

▼6月のケルン▼ 6月2日(火) 11時 ...
続きを読む

暮らしの編集室『ケルン』

ケルンは自分の好きを表現するシェアキッチ ...
続きを読む

ケルンのご利用について

ケルンのご利用についてご希望の方は「ケル ...
続きを読む

埼玉新聞に掲載頂きました(2020年2月26日)

2020年2月26日 埼玉新聞ダウンロー ...
続きを読む

ケルンお披露目会が開催されました

暮らしの編集室の活動拠点「ケルン」1階店 ...
続きを読む

きたもと暮らしの編集室について

暮らしの編集室は埼玉県北本市を拠点に、新しいまちの可能性を生み出す「まちづくりのチーム」です。
クリエイティブな発想でまちを見つめ直し「みつける・ささえる・つたえる」活動を通して北本市内外の魅力的なモノコトヒトを「つなげる」ことを目的としています。きたもとのまちを舞台にどんな楽しい暮らしが実現できるか、世代も立場も地域も超えてみんなで考え発見・実践し、新しいきたもとの可能性を生み出していきます。一人一人の暮らしの楽しみから始めて、きたもとの未来を育てていきましょう。

ケルンについて

暮らしの編集室の拠点として「ケルン」という場所を作る準備をしています。
ケルンとは「山頂や登山道などの道標となるように、石を円錐状に積み上げたもの」を指す言葉です。一つ一つ石を積みあげ道標を作り上げるように、ケルンでの時間が積み重なりまちの道標になるように、願いを込めてこの名前をつけました。人が集まる様々なワークショップの運営や、知識の積み重なりとしての本やCD・レコードなどの販売、北本野菜を使った飲食物の提供などを予定しています。2019年内のオープンを予定しています。

こんな人、探しています

お店をやりたい・引っ越したい人

都会にはちょっと疲れたけど、田舎に引っ越すほどでもない。そんなあなた。

都心からのちょうどいい距離で自然と暮らす北本がありますよ。

空き家・空き地を持っている人

様々な理由で使わなくなってしまった家やお店。人に貸すには直さなきゃいけないし売るには壊さなきゃ、、、

ちょっとまってください!そのまま使いたい人も結構いるんです。

手伝いたい人・何かやりたい人

仕事と家の往復で大人になってから友達を作るのもなかなか大変。だけどもう少し何かやりたいような気がする。

そんな時はきたもと暮らしの編集室にご連絡ください。一緒に何かやっているうちに気づくと友達が増えています。